2020年の東京五輪開催に向け、新国立競技場が建設中ですが、なんと嵐がその「新国立競技場」で2020年5月にコンサートを開催するとの事です。ファンとしてはとても楽しみですよね。

 

そこでこの記事では、嵐が5月に開催するという、「新国立競技場」のコンサート情報をお届けしていきたいと思います。チケットの申し込み期間やキャパはどれくらいなのかなど、気になる情報をお届けします。

Aさん
嵐がシンク国立競技場でコンサートを開催するとのことで非常に楽しみですね。
もちろん私も楽しみにしている1人ですが、なんか倍率高そうだし当選する気がしません…..。
ですが、一応は応募はしたい。
ということで、色々気になります。

スポンサーリンク




【嵐】新国立競技場のコンサート情報

嵐が行うとされている新国立競技場でのコンサートですが、元々は2020年に開催される東京五輪の為に改装されました。今回、それよりも一足先に嵐がコンサートを行うとして、非常に楽しみですね。

 

一つ懸念点があるとすれば、本当に工事は順調進むのか?という点です。ブラジルのリオで開催されたオリンピックが記憶に新しいですが、開催される直前ま工事していましたし、場所によっては開催中にも関わらず工事していました。

 

 

嵐のコンサートだけ決まって、結局工事が間に合わなかった…。なんてことにならないように願いたいですね。まぁ、そこらへんは日本なんであまり心配する必要はないかもしれませんが。

【嵐】新国立競技場でのコンサート日程

嵐コンサートの日程

■ 2020年5月15日(金)

■ 2020年5月16日(土)

この2日間で嵐のコンサートが開催される模様です。時間などはまだ詳細は発表されておりません。

 

この2日間はファンにとってとても大切な2日間になりそうですね。きっと、どんな大事な予定があろうが、みんな優先させて申し込みをするはずです。

スポンサーリンク




【嵐】が開催する新国立競技場のキャパはどれくらい?

新国立競技場のキャパがどれくらいかによって、コンサートに参加できる人数が決まってきますので、非常に大事なところですね。

 

現在建設中の新国立競技場ですが、キャパは68,000人と発表されています。かなり大きいスタジアムですね。旧国立競技場のキャパが54,000人でしたので、約1万人以上も収容人数が増えたことになります。

 

ファンとしてはとても嬉しいですね。ちなみに東京ドームと比較しても、46,000人と、かなり大きなスタジアムであることがわかります。

 

ただし、これはあくまでスポーツ観戦の時のキャパになります。では、コンサートとなるとどうなるのでしょうか?

 

まだ建設中ということもあり、当然ですがコンサートはまだ一度も開催されていません。ですので予想と言う形にはなってしまいますが比較になるのではないかと思い紹介させて頂きます。

旧国立競技場

■ スポーツ観戦の時のキャパ(54,000人)

■ コンサートの時のキャパ(65,000人)

ちなみにコンサート時のキャパ65,000人というのは、嵐が国立競技場で開催した時の人数になります。

 

※ラルクが国立競技場で開催した時は80,000人収容したそうです

 

つまり、スポーツ観戦時よりも、コンサート開催の時の方がキャパは大きくなるのは間違いありません。あくまで予測ですが、1.5万人。もしくは2万人ほどキャパが増えると予測し、おおよそですが83,000人~88,000人ほどのキャパになるのではないかと予想されます。

 

ファンにとってはそれだけ当選の確率も上がるので嬉しいですね。と言っても、初開催ですのでどうなるかはわかりませんが、安全第一で、無理のないようにコンサートを開催してほしいですね。

嵐のコンサートチケットの申し込みはいつから?

現在、嵐のコンサートに関する申込み情報は出ておりません。まだ開催することが決まった。と言う段階で、細かい情報はこれからということになりそうですね。

 

この辺り情報に関しては、また詳しくわかり次第追記させて頂きます。

 

【嵐】新国立競技場の当選倍率はどうなる?

今回、嵐にとって新国立競技場でのコンサートは初となります。活動休止前という事もあり、ものすごい数の応募があることが予測されます。おそらく、オリンピックの応募よりも多いのではないでしょうか?

 

という事で調べてみようと思いますが、現在嵐のファンクラブの会員が288万人と言われています。今後も増えることは何となく想像できますね。

 

そして、応募数ですが、おそらくこのファンクラブ会員の中から半数近くの人が応募するはずです。

 

計算を分かりやすくするため(会員が増えることを予測し)会員数300万人。新国立競技場のキャパを85,000人。申し込み数が半数の150万人。2日開催ということで17万人収容可能ということで計算すると

300万(応募総数×2日間)÷17万(キャパ×2日間)=17.64倍

17.64倍という数字になりました。

 

あくまで予想ですが、かなり倍率は高そうですね。当たり前と言えば当たり前かもしれませんが。ファンの皆さんは神頼みするしかなさそうですね。

 

【嵐】新国立競技場コンサートまとめ

いかがでしたか?

 

嵐の活動休止までどんどん日にちがなくなってきましたね。寂しいと感じる人も、まだ正直実感がないと言う人もいると思います。

 

ですが、現実として受け止めなければいけない日は残念ながらやってきます。せめて、会える時に可能な限り会っておきたいですね。

【嵐】コンサートまとめ

■ 開催期間は2日

■ 2020年5月15(金)と5月16日(土)

■ キャパは68,000人(コンサート時は+1.5万~2万人)と予想

■ コンサートの販売開始はまだ未定

■ 当選倍率は17.64倍と予想

スポンサーリンク




スポンサーリンク



おすすめの記事