浦和レッズですが、2019年シーズンは優勝を目指していました。しかし蓋を開ければ14位と、見事に残留争いに巻き込まれる結果に。不本意なシーズンを過ごしたことで、2020年シーズンは改革が迫られることでしょう。

 

そこでこの記事では、浦和レッズの移籍の噂や、2020年の補強選手や評価、大物外国人などの情報を紹介したいと思います。

スポンサーリンク





 

浦和レッズの2019年の評価は?

浦和レッズ成績表

【Jリーグ順位】   14位

【ルヴァンカップ】   ベスト8

【ACL】   準優勝

【天皇杯】   4回戦敗退

【勝ち点】   37

【勝数】   9

【引き分け】   10

【負数】   15

【勝率】   26.5%

【得点】   34

【失点】   50

【得失点差】   ー16

浦和レッズですが、開幕前に「J1優勝とACL制覇」を目指していました。しかし結果としてはどちらも失敗。無冠で終わり、失意のシーズンを過ごした。

 

サポーターも大きく期待を裏切られる形となり、シーズン終了後にはフロントに対して批判する声が上がっていました。

 

2019シーズンの補強ですが

2019シーズンの補強選手は?
DF 岩武克弥 ← 明治大学
DF 山中亮輔 ← 横浜Fマリノス
DF 鈴木大輔 ← 柏レイソル
MF 汰木康也 ← モンティディオ山形
MF 関根貴大 ← シントトロイデン
MF エヴェルトン ← ポルティモネンセ
MF 武富孝介 ← 湘南ベルマーレ
FW 杉本健勇 ← セレッソ大阪

と、名前だけならそうそうたるメンバーを補強しました。大学生である岩武選手以外は全員が即戦力と言える選手達です。開幕前の宣言通り、2チームが作れる選手を揃えたわけですが、何故このメンバーで失敗したのでしょうか?

 

その理由に、開幕前の準備と戦術。選手のケガや低迷が関係していると言えます。

 

まず開幕前の準備ですが、オリベイラ監督がコンディション調整の為に練習試合をほとんどせず、ぶっつけ本番となりました。その結果、戦術も浸透せずスタイルが曖昧に。

 

ボールの取りどころが定まらず、プレスははがされてばかり。攻めもちぐはぐで興梠選手頼み。これでは勝つことは出来ません。監督がオリベイラ監督から大槻監督に代わっても改善されず低迷。

 

選手も補強の成果は実らず、ケガ続きや力を発揮できませんでした。今シーズンに限って言えば、興梠選手以外の選手は全員落第。お世辞にも良いと言える選手はいません。ギリギリ、途中加入の関根選手、橋岡選手に期待が持てたくらいです。

 

このような悲惨な状況から、いかにして2020シーズンに巻き返すことが出来るか?根本的な改革が迫られそうですね。

スポンサーリンク




浦和レッズ2020年の移籍情報

浦和レッズの2020年シーズンですが、2019年シーズンをふまえ、どのような補強が行なわれるのでしょうか?新加入選手や退団選手を紹介していきます。

浦和レッズ新加入選手の噂や補強は?

【新加入】

MF 武田英寿 ← 青森山田高校

 

【加入の噂】

DF 杉岡大暉 ← 湘南ベルマーレ

DF 原輝綺 ← サガン鳥栖

MF 小塚和季 ← 大分トリニータ

MF ヴィクトール・カンティージョ ← コロンビア

FW レオナルド ← アルビレックス新潟

FW オナイウ阿道 ← 大分トリニータ(横浜Fマリノスに移籍決定)

 

※ブラジル人CBとFWの獲得を狙っているとの噂

浦和レッズの退団選手や契約満了&引退は?

【退団】

GK 岩館直 → 契約満了

DF 森脇良太 → 契約満了(京都サンガ)

DF 茂木力也 → 愛媛FC

FW オナイウ阿道 → 横浜Fマリノス

 

浦和レッズの移籍(補強)の評価は?

浦和レッズですが、現在補強選手の発表があるのは武田英寿選手のみの発表となっています。

 

噂されている選手の補強が成功すれば、かなり強力な戦力になるはずです。現段階ではまだ成功しているわけではありませんので、補強の評価は時期尚早です。

 

しかし、補強のポイントは面白いのではないでしょうか?興梠選手意外にに点の取れる選手としてレオナルド。左サイドで杉岡選手と、即戦力としては間違いないでしょう。

 

しかし、一番の問題点である改善ポイントは戦術です。戦力だけ見れば、14位という順位はあり得ません。サッカーは選手をかき集めれば強くなるわけでもありません。

 

ということで、戦力を生かせる戦術が無ければどれだけ良い補強をしても意味がありません。その点、2019年に失敗した開幕前のキャンプで、どれだけ充実した練習ができるか?そして、戦術を浸透させることができるか?それがポイントとなるでしょう。

浦和レッズに大物外国人の加入はある?

浦和レッズですが、アルビレックス新潟に所属しており、J2で得点王を獲得したレオナルド選手の獲得を狙っています。

 

現在ブラジル人選手のCBと、FWの補強を狙っているそうですが、更なる大物の獲得に乗り出しそうな予感がします。現在浦和レッズには

  • ファブリシオ
  • マルティノス
  • エヴェルトン
  • マウリシオ

以上の選手が在籍していますが、物足りなさは否めません。悪くはないですが、どうしても浦和レッズというと、ワシントン選手やポンテ選手、エメルソン選手が忘れられません。

 

彼らくらいのレベルの選手の補強を是非とも期待したいですね。願わくば、ヴィッセル神戸に負けないくらいの補強を期待したいところです。

浦和レッズまとめ

いかがでしたか?

 

やはり浦和レッズが強くなくてはJリーグは面白くありません。2020年シーズンこそは、優勝争いを期待したいですね。

 

現在、補強の目玉はレオナルド選手ですが、更なる大物助っ人の獲得を期待しています。2020年シーズン。浦和レッズが優勝争いに絡んでくることを期待しています。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



おすすめの記事