コンサドーレ札幌ですが、昨年が4位という好成績でした。そして今年はACL出場を狙ったシーズンでしたが、残念ながら10位という結果に終わりました。選手やサポーターにとっては悔しいシーズンでしたね。

 

そこでこの記事では、2019シーズンのコンサドーレ札幌を振り返って見ると共に、2020年シーズンに補強するべき選手は誰なのか?補強や退団の噂などの移籍情報をまとめてみたいと思います。

 

Bさん
コンサドーレ札幌ですが、ミシャが監督になってから本当に魅力的なサッカーに変化しましたね。
2020年シーズンもどんなサッカーを見せてくれるか非常に楽しみです。

スポンサーリンク




Jリーグ【コンサドーレ札幌】の2019年シーズンを統括

コンサドーレ札幌【2019シーズン】成績

【順位】   10位

【勝ち点】   46

【勝ち】   13

【引き分け】 7

【負け】   14

【得点】   54

【失点】   49

【得失点差】   5

コンサドーレ札幌ですが、順位こそ10位ですが、ルヴァンカップで決勝に進むなどとても印象深いシーズンとなりました。

 

毎年昇格と降格を繰り返していたエレベータークラブが、ACLを争うまでになったのも、ミシャ監督による手腕が非常に大きいでしょう。

 

今となってはコンサドーレ札幌は、残留を目標とするチームではありません。十分上位を狙う力があり、主力がケガなくフルシーズンを戦うことができれば、十分優勝を狙えるチームだと思っています。

 

2019シーズンのコンサドーレ札幌ですが、おそらくサッカーファンの記憶に残っているにはルヴァンカップの決勝である川崎フロンターレ戦でしょう。コンサドーレファンとしては残念な結果となりましたが、あれだけワクワクさせられる試合は本当に久しぶりに見ることが出来ました。

 

あの試合でコンサドーレの成長が見ることが出来たと思いましたし、コンサドーレ札幌にとっては失礼な話ですが、数年前にはこんな光景をイメージすることは出来ませんでした。

 

しかし、今ならコンサドーレが優勝を口にしても誰も文句を言わないでしょう。ジェイ・アンデルソンロペス・鈴木武蔵、・チャナティプの攻撃陣はJ屈指ですし、見ていて本当にワクワクします。

 

そして、新たに新加入選手が加われば、もっと更に強いコンサドーレ札幌が見ることができるでしょう。2020年シーズンも期待出来そうですね。

スポンサーリンク




Jリーグ【コンサドーレ札幌】2020年補強ポイントは?

コンサドーレ札幌ですが、昨年は4位という好成績ですが、実は得点に関しては昨年が48で失点が48です。今年は得点が54の失点が49と、失点は1増えましたが、得点は6増えています。

 

にも関わらず、順位が4→10位といういのは不思議なものですね。つまり、ゲームをコントロールできる選手が欠けていたのかもしれません。肝心な試合で負けてしまったり、競り負ける試合をなくすことができれば、来シーズンも間違いなく上位争いするはずです。

 

得点力に関しては、ジェイ選手が9得点。アンデルソン・ロペス選手が9得点・鈴木武蔵選手が13得点と、申し分ない数字です。

 

そこで補強ポイントとしては、中盤の選手とDFの選手を獲得したいところですね。欲を言えば、ある程度経験値があり、代表に入れそうなレベルの選手。バックアッパーとして十分戦力になりそうな選手を是非獲得したいですね。

 

ということで、DFの選手は

DF 岩田智輝(大分トリニータ)

DF マウリシオ(浦和レッズ)

DF 森脇良太(浦和レッズ)

DF 高橋秀人(サガン鳥栖)

 

そして中盤の選手ですが、こちらも代表クラスで経験のある選手を選出してみました。

 

MF 山村和也(川崎フロンターレ)

MF 守田英正(川崎フロンターレ)

MF 永木 亮太(鹿島アントラーズ)

MF 三竿健斗(鹿島アントラーズ)

以上が、獲得出来たら面白そうな選手です。なかなか獲得は難しいかもしれませんが、ゲームをコントロールできるタイプの選手の獲得ができれば、今以上の成績を残せるのではないでしょうか?

Jリーグ【コンサドーレ札幌】2020年シーズン移籍情報!新加入選手(入団・補強)の噂

【新加入選手】

GK 中野小次郎 ← 法政大学

現在は詳しい発表はありません。大学生の入団の話がいくつかあるみたいですが、公式サイトでの発表がない為、またはっきりした情報が入り次第追記していきます。

 

誰が新しく加入するか非常に楽しみですね。2020年のコンサドーレ札幌の活躍が非常に楽しみです。

 

Jリーグ【コンサドーレ札幌】(2020年)退団・引退選手一覧

現在、コンサドーレ札幌の退団選手の発表はありません。

京都サンガからの期限付き中だった菅野選手ですが、一時は期限付き移籍終了で退団するのでは?と噂されていましたが、どうやらクラブは完全移籍での獲得を希望しているとのことで、契約更新となりそうです。

 

コンサドーレでの立場は、GKの2番手という位置付けですが、ルヴァンカップでは準決勝までゴールマウスを守りました。完全移籍となれば、チームにとっても心強いですね。

 

移籍で選手を獲得するのももちろんですが、今の戦力を維持することも非常に大切です。2020年シーズンこそ優勝争いができるように、特に中心選手の流出は避けたいところですね。

Jリーグ【コンサドーレ札幌】2020年移籍情報まとめ

いかがでしたか?

 

ここ数シーズンのコンサドーレのサッカーは本当に魅力的であり、ファンでなくても応援したくなる魅力を持っています。これからも、攻撃的でファンがワクワクするような試合を見せて欲しいですね。

 

そして、2020年シーズンはACLと優勝争いを期待したいと思います。シーズンが始まるのが今から楽しみです。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



おすすめの記事