清水エスパルス(2020年)移籍情報!新加入や補強に退団の噂まとめ!

今シーズンの清水エスパルスですが、最終節でギリギり残留を決めるなど、非常に苦しいシーズンを過ごしてきました。特に序盤戦はエースであるドウグラス選手の離脱などがあり、大変な時期を過ごしましたが、何とか残留することが出来て一安心ですね。

 

そこでこの記事では、清水エスパルスの2019年シーズンを振り返ってみると共に、2020年の移籍情報。新加入選手や退団、噂などを紹介していきたいと思います。

 

Bさん

清水エスパルスにとって、本当に心臓がドキドキしたシーズンだったのではないでしようか?最終節でサガン鳥栖に勝った試合は非常に盛りあがりましたね。

全ての試合であれくらい盛り上がるよう、2020年シーズンは魅力的なサッカーを披露して欲しいですね。

 

スポンサーリンク




Jリーグ【清水エスパルス】の2019年シーズンを統括

清水エスパルス2019シーズン結果

◾️ 順位   12位

◾️ 勝ち点   39

◾️ 勝ち   11

◾️ 引き分け   6

◾️ 負け   17

◾️ 得点   45

◾️ 失点   69

◾️ 得失点差   -24

ご覧のように、今シーズンの清水エスパルスが低迷した原因は失点の多さにあります。開幕6戦未勝利で最下位に転落し、6試合で16失点とどん底状態からスタートしました。
そんなどん底の状態で監督が解任され、篠田監督が就任。カウンター重視の現実的なサッカーで何とかチームを立て直し、ギリギリで残留することが出来ました。
今季の目標は決して残留ではなかったはずですが、結果的に「残留」という目標に切り替えたことで何とかミッションを達成。
ちなみに今季は得点の少なさも気になるところです。ドウグラス選手が14得点。西澤選手が7得点。他の選手に限っては、DFのエウシーニョ選手が4点で、他のFW・MFの選手は1得点、2得点と、得点が取れてなさすぎです。
結果として、開幕直後にドウグラス選手が欠場し、スタメンで出場できるようになったのが第10節以降ということで、もし清水エスパルスにドウグラス選手がいなかったらと思うとゾッとしますね。
2020年シーズンに向け、チームは新たに監督を探しているようです(篠田監督との契約更新の可能性あり)。既に何名かは監督をピックアップしているそうですが、清水エスパルスは何かしらの改革をしなければいけません。
もし、現状のまま2020年シーズンを迎えるとなると、正直厳しいシーズンになりそうです。何とかチームを立て直すためにも、各ポジションにしっかり補強したいところですね。

スポンサーリンク




Jリーグ【清水エスパルス】(2020年)の補強ポイントは?

清水エスパルスですが、2020年シーズンに向けてどのような補強をする必要があるでしょうか?

 

早い話、全てのポジションに補強の必要性があると感じます。経験のあるベテラン選手や外国人選手など、格となる選手を是が非でも補強したいところでしょう。

 

そして何と言っても、ドウグラス選手を絶対に残留させること。これが一番の補強だと言えます。清水エスパルスのチーム状況の中で、前半戦の試合はスタメンで出場していないにも関わらず、14得点ということは、おそらく開幕から万全の状態で出場できていれば、間違いなく得点王はドウグラス選手だったでしょう。

 

最終説の得点と言い、ここぞという時に頼りになる存在がドウグラス選手であり、今のチームにドウグラス選手がいなければ、結果は見えています。ただ、これだけ素晴らしい選手にオファーが無いなんてことはないはずです。いかに残留してもらえるか?エスパルスの運営の力にかかっています。

 

ということで、誰を補強していくかですが

 

GK カミンスキー(ジュビロ磐田)

ジュビロ磐田を退団するのでは?と言う話があるので、是が非でも獲得したい選手です。今シーズンの清水エスパルスの失点の多さは、明らかにGKの実力不足と言わざるえません。

DF 丹羽大輝 (FC東京)

DF 山本修斗 (鹿島アントラーズ)

DF 橋本和(ヴィッセル神戸)

DF ジョアン・オマリ(ヴィッセル神戸)

DF 千葉和彦 (名古屋グランパス)

DFの選手ですが、現在クラブでは思うような出場機会を得ていないが、経験と実力を兼ね備えている選手を中心に選びました。この中ではFC東京の丹羽選手やジョアン・オマリ選手が獲得できたら面白そうですね。あとは立田選手の成長に期待です。

 

そして中盤の選手も同様に、経験のあるベテラン選手が欲しいところです。

MF 山村和也 (川崎フロンターレ)

MF 高橋秀人 (サガン鳥栖)

MF 中村充光(鹿島アントラーズ)

MF 遠藤康(鹿島アントラーズ)

MF 小野裕二(サガン鳥栖)

NF 小川慶治朗(ヴィッセル神戸)

MF 郷家友太(ヴィッセル神戸)

などはいかがでしょうか?特に山村選手はどのポジションでもできますし、今のエスパルスには魅力的な選手だと思われます。そして、中盤で得点の取れる選手が欲しいので、小川選手、遠藤選手、小野選手は獲得したら面白そうですね。

 

そして最後に、ドウグラス選手とコンビを組む選手ですが

FW 田中順也(ヴィッセル神戸)

FW ウェリントン(ヴィッセル神戸)

FW ルキアン(ジュビロ磐田)

FW 杉本健勇(浦和レッズ)

FW 武藤雄樹(浦和レッズ)

FW 永井龍(松本山雅FC)

 

などが面白そうかなと思います。ちなみにドウグラス&ルキアン&ウェリントンで3トップを組んだら、ものすごい破壊力になりそうですね。チームとして機能するかどうかは別として、ただ単純に見てみたい気がします。

Jリーグ【清水エスパルス】の2020年移籍情報!新加入選手(入団・補強)の噂

【新加入選手】

DF ノリエガ・エリック ← 清水エスパルスユース

MF 鈴木唯人 ← 市立船橋高校

FW 川本梨誉 ← 清水エスパルスユース

FW 栗原・イブラハム ジュニア ← 三菱養和SCユース

 

現在発表されているのが、新加入選手のみとなっています。これで補強が終わりということは流石にありませんが、どちらにしても経験のある選手と、即戦力の選手を各ポジションに欲しいところですね。

 

もし補強が失敗となると、2018シーズン同様残留争いに巻き込まれ、目標が「残留」ということになるでしょう。クラブの動向が非常に気になります。

Jリーグ【清水エスパルス】(2020年)退団・引退選手一覧

【退団の噂】

監督 篠田義之 → 解任?

退団選手の発表はまだありません。クラブがどのようなサッカーをするのか模索さ意中なのか、監督の人事も明確になっていません。もし本当に監督が交代になるとすれば、監督が決まり次第、選手の獲得や退団が発表されそうですね

Jリーグ【清水エスパルス】(2020年)移籍情報まとめ

いかがでしたか?

2019シーズンの清水エスパルスは、非常に苦しいシーズンを過ごしました。ここ数年低迷している清水エスパルスですが、J2に降格しないためにも、的確か補強が必要なことは間違いありません。

 

どんなチーム作りをしていくのか?運営とチームが団結しなければ、来シーズンもなかなか難しいと思います。もし最悪降格なんて話になれば、静岡からJ1のチームが無くなってしまうという事態が起きてしまいます。

 

そうならないためにも、清水エスパルスには頑張って欲しいですね。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



おすすめの記事