浦和レッズ(2021年)移籍情報!新外国人の補強や加入に噂まとめ

浦和レッズ移籍情報2021最新版!補強や新加入に外国人選手まとめ』について紹介したいと思います。

2020年の浦和レッズは、順位こそ10位でしたが、攻撃も守備もちぐはぐな感じが否めませんでした。

特に名古屋戦。横浜Fマリノス戦。鹿島戦などは大量失点で負ける試合も多く、センターバックも固定することができませんでした。

2021シーズンは監督が交代し、ロドリゲス監督が就任するため、チームが良い方向に変化することを期待したいですね。

そこでこの記事では、浦和レッズの移籍情報と言うことで、2021シーズンの新加入選手や新外国人選手。噂や補強選手をまとめてみたいと思います。

浦和レッズが強くないとJリーグが盛り上がりません。また強い浦和レッズが戻ってくることを期待したいですね。



浦和レッズ移籍情報2021最新版

浦和レッズの2020年シーズンですが、シーズンを通してバラバラな印象を受けました。どのようなサッカーをしたいのか?

どのようなチームを目指しているのか?大槻監督の3ヵ年計画の1年目ですが、結果的に失敗だったと言わざる得ません。

探り探りな状態だったのかもしれませんが、明らかな得点源だったレオナルド選手がスタメンから外れたり、センターバックがコロコロ変わったり、ボールをポゼッションしたいのか?それともサイドアタックをしたいのか?見ていて何がしたいのかわからなかった。

と言うのが印象です。その中でも、興梠選手の9年連続二桁得点。槙野選手の気迫あるプレー。マルティノス選手のサイドアタックと、一定の評価を与えることができる部分もありますが、それでも全体的に選手の評価は低いと言えます。

これは選手の問題というよりも、監督。そして浦和レッズと言うチームが何を目指しているかがわからず、個がバラバラだったのではないかと思います。

そこで、ロドリゲス監督が就任し、選手の能力を引き出せるチーム。強い浦和レッズが戻ってくることを期待しています。

ロドリゲス監督のサッカーは、素早くボールをダッシュし、素早く攻める。

そしてとにかく激しい練習をすることで有名です。徳島では、「プレスの速さ」を非常に重視し、自身のサッカーのテーマにも掲げていたそうです。

ボールを持ってからのプレー同様に、素早く奪い返してすぐに攻撃するという部分を重視しているとのことですが、あくまでこれは選手の質やタイプによって変えているのだそう。

まずは素早くボールを奪う。その上でポゼッションプレーを習得し、コンスタントに相手のゴール前に入っていく。このスタイルをロドリゲス監督は目指しているそうです。

浦和レッズでどんなサッカーを作りあげていくのか非常に楽しみですね。



浦和レッズ補強の噂や新加入選手


現在、移籍が決まっている選手や噂のある選手を紹介していきたいと思います。

  • 西大伍 ← ヴィッセル神戸
  • 塩谷仁史 ← 栃木SC
  • 田中達也 ← 大分トリニータ
  • 明本孝治 ← 栃木SC
  • 小泉佳穂 ← FC琉球
  • 金子大毅 ← 湘南ベルマーレ
  • 渡井理己 ← 徳島ヴォルティス(獲得オファー)
  • 藤原優大 ← 青森山田高校
  • 大久保智明 ← 中央大学
  • 伊藤淳樹 ← 流通経済大学
  • 福島竜弥 ←浦和レッズユース
  • 宮本優太

上記の選手が来期加入する&噂になっている選手になります。中でも西大伍選手は非常に楽しみですね。

橋岡選手に移籍の噂がありますので、万が一に備え西大伍選手を補強できたのはすごく大きいのではないでしょうか?

※橋岡選手はその後、ベルギーのシントトロイデンに移籍決定




浦和レッズ新外国人選手


現在、浦和レッズで獲得の噂になっている外国人選手はいません。

噂にすらなっている選手がいない状態ですが、間違いなく誰かしら獲得するのではないかと思われます。

現在、浦和レッズにはトーマス・デン選手とレオナルド選手しかいません。(マルティノス選手とエヴェルトン選手は退団)。※レオナルドは中国に移籍

そのため外国人選手が2人しかいない状態になります。青木選手や長澤選手な抜けたボランチは補強ポイントになるはずです。

ロドリゲス監督の目指すサッカー的には、守備能力に長けていてボール奪取が上手い選手の獲得が理想だとは思います。

本来、長澤選手が残ることができればよかったのかもしれませんが、残念ながら名古屋グランパスに移籍してしまうことが決定しているので、是非補強したいですね。

また情報が出次第、追記していきます。

退団や引退選手


現在浦和レッズを退団する選手は以下になります。

  • マルティノス → 契約満了(ベガルタ仙台)
  • エヴェルトン → 契約満了
  • 長澤和輝 → 名古屋グランパス
  • 鈴木大輔 → ジェフユナイデッド千葉・市原
  • 井澤春輝 → ギラヴァンツ北九州
  • 福島春樹 → 京都サンガ(期限付き移籍)
  • 萩原拓也 → 京都サンガ
  • 武冨孝介 → 京都サンガ
  • 岩武克弥 → 横浜FC
  • 青木拓矢 → FC東京
  • 橋岡大樹 → シントトロイデン
  • 石井僚 → レノファ山口(育成型期限付き移籍)
  • 大城蛍 → Y.S.C.C.横浜
  • 池高暢希 → 福島ユナイデッドFC(育成型期限付き移籍)
  • レオナルド → 中国

退団者を見ると、昨年中心メンバーとして活躍していた選手が多くいます。

終盤は戦術マルティノスと呼ばれていたくらいでしたし、中心メンバーが抜けるのは非常に痛いですね。

中でも、ロドリゲスサッカーにハマりそうな長澤選手が抜けてしまうのは非常に痛いのではないかと思います。

尚、引退を表明している選手は今の所いません。



浦和レッズ移籍情報2021まとめ


『浦和レッズ移籍情報2021最新版!補強や新加入に外国人選手まとめ』はいかがでしたか?

やはり浦和レッズが強くないとサッカーはイマイチ盛り上がりません。2021年シーズンも、あの大サポーターの前で試合することは難しいかもしれませんが、この苦境を乗り越えて欲しいですね。

そしてまたあのサポーターの前で、躍動するレッズに期待しています。

今シーズンはロドリゲス監督のもと、どのようなサッカーに生まれ変わるのか?非常に楽しみです。
浦和レッズの2019シーズンですが、ACLこそ決勝まで駒を進めたものの、チームにとってもサポーターにとっても残念な結果となりました。リーグ優勝とACL制覇を狙っていたチームに、一体何が起きたのでしょうか?

2020年浦和レッズ移籍情報

この記事では、浦和レッズの2019年シーズンを振り返ると共に、2020年の移籍情報。新加入や退団選手。補強ポイントなどをまとめていきたいと思います。

Bさん
今回は、サッカーオタクの僕の目線で、浦和レッズに関して紹介いていきたいと思います。
個人的な主観ですが、是非お付き合いください。

 

スポンサーリンク




浦和レッズ2019年シーズン統括

冒頭でも述べましたが、2019シーズンは浦和レッズにとって不本意なシーズンであったことは間違いありません。ACLとリーグ優勝を狙い、2チーム作れる戦力があると開幕前は言われていました。

補強に関しても、杉本選手や山中選手などの日本代表クラス。経験のある鈴木大輔選手を補強。武冨選手や関根選手もリーグ戦の途中に加入するなど、補強は万全かと思われました。

しかし結果は、興梠FCと呼ばれるくらい点が取れない。完全に依存している状態でした。興梠選手がいなければ、ACLの決勝進出はまずありえなかったはずです。もっと言えば、リーグ戦も降格の可能性もあり得たのではないでしょうか?

ということで、選手はもちろんですが、サポーターにとっても2019シーズンは不本意だったはずです。

スポンサーリンク




浦和レッズ2020年シーズン補強ポイントは?

2020シーズンの浦和レッズですが、補強ポイントはどこになるのでしょうか?

この記事を書いているのが2019年12月3日ということで、残りあと1節が残っています。ラスト1節を残した所で勝点が37。得点が32の失点が47です。

見てわかる通り、得点数が非常に低いですね。下から数えて3番目。(鳥栖と同立)ということで、点の取れるFWの加入は必須ポイントです。

大分からオナイウ阿道選手の加入がほぼ決まっているとのことですが、願わくば協力なFWの加入が期待されるところです。

興梠選手以外にも浦和レッズは魅力的なFWが沢山のいます。

  • 興梠慎三
  • ファブリシオ
  • 武藤雄樹
  • マルティノス
  • 杉本健勇あ

など、魅力的な選手が沢山います。名前だけは・・・・。

名前を見れば豪華ですが、結果だけを見れば、この中から残したい選手は興梠選手のみ、他はできれば補強したいと思うのが当然です。

 

浦和レッズですが、外国人選手を獲得する場合、国内で活躍した外国人選手をメインで獲得していることが多いです。もし、他のチームからFWを得する場合、誰がターゲットになるでしょうか?ということで、オススメ外国人FWをピックアップしたいと思います。

浦和レッズが獲得するべき国内の外国人FW

◾️ドウグラス(清水エスパルス)

◾️ジョー(名古屋グランパス)

◾️エジカル・ジュニオ(横浜マリノス)

◾️エリキ(横浜マリノス)

◾️レオナルド(アルビレックス新潟)

などはいかがでしょうか?1番のオススメは清水エスパルのドウグラス選手。次にマリノスのエリキ選手。エジカル・ジュニオ選手に注目です。

マリノスでは欠かせない2人ですが、ポジションが被るため、活躍の場を求めてどちらかが移籍する可能性も考えられます。

ジョー選手に関してですが、2018シーズンは大活躍しました。しかし2019シーズンは正直本来の力を発揮することができませんでした。

獲得する場合、大当たりの可能性もあれば、大外れの可能性もあります。正直博打的な補強になるでしょう。

最後に新潟のレオナルド選手ですが、J2で得点王を獲得したこともあり、今注目のFWですね。

ちなみに浦和レッズの補強ポイントですが、その他にセンターバック。ボランチ。サイドバックの補強は必須です。選手の名前は豪華ですが、正直ところ年齢的な問題もあってか力の衰えを感じます。

ということで、核となるポジション。センターバック・ボランチ・サイドバック・ゲームをコントロールできる攻撃的MF・点の取れるFWなど、核となるポジション一人づつの補強が必要になってきます。

Jリーグ移籍情報【2020年】新加入選手の補強や噂に退団選手まとめ!

浦和レッズ(2020年)新加入選手

移籍の噂

◾️ MF : 小塚和季 ← 大分トリニータ(川崎フロンターレ・セレッソ大阪も獲得の噂)

◾️ FW:オナイウ阿道 ← 大分トリニータ(レンタル終了)

◾️ FW:アデミウソン 獲得失敗(ガンバ大阪と契約更新)

新加入選手

◾️ MF:武田英寿 ← 青森山田高校

得点力不足が深刻な浦和レッズにとって、オナイウ阿道選手の加入は心強いですね。日本代表に入るまでに成長したオナイウ阿道選手に期待です。

そして、2019シーズンは本当に悔しい思いをした杉本選手も、復活してくれることをねがっています。


アルビレックス新潟のレオナルド選手の獲得が濃厚のようです。まだ22歳と若く、今後の活躍に期待が持てますね。非常に楽しみな補強です。

浦和レッズ2020年シーズン退団選手

◾️ GK:岩舘直 → 契約満満了

◾️ DF:森脇良太 → 契約満了

長年浦和レッズを支えてきた2選手の退団が決まったとのことで、ファンからは悲しみの声が広がっています。次の移籍先でも頑張って欲しいですね。 契約期間がどうなっているかの問題もありますが、今期の活躍を見るかぎり外国人選手は全員そう入れ替えでも良いのではと思います。

浦和レッズ2020年シーズン移籍情報まとめ

いかがでしたか?

浦和レッズが強くなければ、やはりJリーグは盛り上がりません。2019シーズンは残念な結果になってしまいましたが、2020年シーズンはJリーグを盛り上げてくれることを期待しています。

また、移籍情報に関しては、随時わかり次第追記していきます。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



おすすめの記事