松山智一の経歴や作品の値段はいくら?家族も凄かった【情熱大陸】

2019年10月20日(日)放送の「情熱大陸」にて、松山智一さんが出演します。日本でほぼ活動歴のない、異色のアーティストと言うことですが、一体どんな人物なのでしょうか?

 

そこでこの記事では、松山智一さんのwiki風プロフィールや経歴。アート作品の値段や、家族についてもご紹介していきたいと思います。

Bさん
25歳で単身アメリカに渡り、独学で絵を学んだという松山智一さん。インスタに載せてある絵をみてみましたが、本当に凄いの一言です。

 

スポンサーリンク




松山智一wiki風プロフィール

松山智一プロフィール概略

【名前】   松山智一(まつやま ともかず)

【生年月日】   1976年4月30日

【年齢】   43歳(2019年10月現在)

【出身地】   岐阜県高山市

上智大学を卒業後に、単身で渡米し、アメリカの名門美大を主席で卒業という、何とも凄い経歴の持ち主です。

 

松山智一さんと言えば、日本での活動歴がほぼなく、無名の存在から独学で学び、認められた芸術家です。

 

その固定概念にとらわれない独創的な作品は、アート好きのニューヨーカーに認められ、一気に注目を集めたそうです。そして、今回情熱大陸に取り上げられることになった挑戦が始まり、番組内で特集するということで、非常に楽しみですね。

松山智一の経歴は?

松山智一産の経歴を紹介させて頂きます。

松山智一経歴

○上智大学卒業

○アメリカの名門美大「プラット・インスティテュート」を主席で卒業

○世界各地でギャラリー・個展・美術館・展覧会を多数開催

○2013年にハーバード大学に招待され、個展を開催

正直なところ、私は芸術には詳しくありませんが、経歴を見れば凄いことだけは分かります。しかも名門の美大である「プラット・インスティテュート」ですが、入学すること自体が非常に難しいとされているらしいです。

 

しかも、卒業率は70%程度だそうで、そこを主席で卒業しているのがどれでけ凄いかということですね。

 

そんな松山智一さんはどんな作品を作っているのでしょうか?

スポンサーリンク




松山智一作品は?値段(販売価格)はいくら?

この投稿をInstagramで見る

 

Day 14, last day begins, the real final touches #bowerywall

Tomokazu Matsuyama/ Matzuさん(@tomokazumatsuyama)がシェアした投稿 –

この投稿をInstagramで見る

 

Day 14, last day begins, the real final touches #bowerywall

Tomokazu Matsuyama/ Matzuさん(@tomokazumatsuyama)がシェアした投稿 –

この投稿をInstagramで見る

 

Half way thru the week. Need to make her expression 🍾to get thru til fry day 👍

Tomokazu Matsuyama/ Matzuさん(@tomokazumatsuyama)がシェアした投稿 –

この投稿をInstagramで見る

 

@snoopygrams colab #snoopyglobalart

Tomokazu Matsuyama/ Matzuさん(@tomokazumatsuyama)がシェアした投稿 –


なんとも素敵な作品ですね。色使いがとても綺麗で、見ているとワクワクさせられるというか、楽しくなる作品だなと感じます。

 

「情熱大陸」では、ニューヨークの近くにある「レガシー」と呼ばれる巨大な壁画「バワリーミューラル」に、炎天下の中で14日間の壁画制作に挑戦し、密着するようですが、最初に紹介した作品がもしかしたらそうかも知れませんね。

 

ちなみに、横幅26m、高さ6mの壁に絵を書くことが許されているのは、認められた限られた人のみと言うことだそうです。日本でキャリアがないのが嘘のように、本当に凄いアーティストですね。

 

もし松山智一さんの作品を購入したい場合ですが、こちらのサイトより購入可能とのことです。

松山智一さんの作品はこちらから購入可能です

 

既にSOLD OUTしている作品もあります。サイトを見た感じでは、現在は20万円台の作品が購入可能出来そうですよ。

 

ちなみに、こちらのサイトは松山智一さんだけでなく、様々なアーティストの作品が販売されており、1枚1000万円を超える絵も販売されていました。なんだか凄い世界ですね。

 

松山智一さんの家族も凄かった?

実は松山智一さんにはお兄さんがいるようですが、そのお兄さんもただ者ではなさそうです。

 

と言うのも、お兄さんは業界人のようで、映画やドラマの監督を務めているあの松山博昭さんです。数々の作品で演出や監督を務めており、代表作は「ライアーゲーム」「信長協奏曲」で監督を担当しています。

 

ちなみにですが、私は両方共映画館で見ており、とても大好きな作品です。まさかまさか、兄弟揃ってこんなに凄い人だとは。ビックリですね。

 

兄弟揃って才能の塊のような人ですね。もしかしたら今回の「情熱大陸」も、お兄さんからの声かけがあったのかもしれませんね。

 

松山智一まとめ

いかがでしたか?

 

本当に才能があり、努力家な人であることは間違いありませんね。これからどんな作品を発表するのか楽しみですね。是非日本で個展をする際は行ってみたいです。

松山智一の経歴や作品の値段はいくら?家族も凄かった【情熱大陸】まとめ

○名門美大を主席で卒業

○世界で認められるアーティストへ

○世界各国で個展を開催

○作品は20万円前後。高いモノで200万円以上

○兄は有名な映画監督「松山博昭」

 

Aさん

兄弟揃って本当に凄いですね。

松山智一さんですが、芸術家として本当に素晴らし人です。「情熱大陸」が楽しみですね。

 

スポンサーリンク




スポンサーリンク



おすすめの記事