2019年9月13日より、映画「人間失格」が公開されました。今回の映画は、小説「人間失格」をテーマにした映画ではなく、人間「太宰治」に焦点を当てた映画といわれており、とても話題が集まっています。

 

そこでこの記事では、実際に映画を見た人の口コミや評判。感想や、太宰治(小栗旬)のヤバイセリフをまとめてみました。

スポンサーリンク




映画「人間失格」のあらすじは?

太宰治は幼少期から裕福な家庭に育ちます。学生時代は成績も優秀で、東京大学の文学部に入学します。その後結婚し、子供と妻と幸せそうに暮らしているかと思いきや、妻の他に愛人が2人。

 

私生活は乱れ、女におぼれ、自殺未遂を繰り返す太宰治ですが、文学の才能は天才的でした。数々の作品をヒットさせる一方、その性格からか文壇からは嫌われてしまいます。

 

そんな才能と女にまみれた狂った生活から、次第に自分を見失います。そして、そんな中からできたのが人間に失格した男の物語「人間失格」が完成します。

 

今回の映画では、「人間失格」という小説をテーマにした物語ではなく、「太宰治」という人間を映し出した映画です。新たな太宰治の一面が見ることができる、貴重な作品となっています。

スポンサーリンク




「人間失格」口コミや評判は?

「人間失格」という小説を実写化した映画だと思っている人も多いようですが、今回の映画は「太宰治」自身が、人間失格という小説を書き上げるまでの物語となっています。

 

今回の映画を見た人の口コミや感想で、かなり好評のようです。

とにかく面白い。新たな太宰治が発見できて楽しかった
自分勝手な男太宰が、女性の強さと情熱に振り回されている。見る前と見た後で印象が変わった。そんな映画でした。
墜ちていく太宰治を、それぞれの愛の形で支えていく3人の女達。「愛」「恋」「孤独」全てを深く考えさせられました。
様々な人間模様が見え隠れする。とにかくリアルでエグい映画でした。
原作は見ていませんが、読んで見たくなるくらい興味深いお話でした。
恋とは?愛とは?人間の欲情が詰まった映画でした
良い意味で大人の映画。なんであーゆう男ってモテるんだろ?
とても素敵な映画でした
小栗旬がとにかくカッコイイ。
クズ男でも、あれはモテる

スポンサーリンク




【人間失格】太宰治のやばいセリフまとめ

今回の映画に、女性との関わりは切っても切り離せません。妻である美知子(宮沢りえ)には甘え、愛人である静子(沢尻エリカ)を口説く。もう一人の愛人である富栄(二階堂ふみ)にはキスをし、そんなめちぁくちゃな女性関係の中から生まれたやばいセリフをまとめてみました。

一緒に堕ちよう 静子
死ぬ気で恋、する?
ダメ?何が?大丈夫。君は僕が好きだよ
困ったもんんだ。 もうすぐだなぁ
個人的に衝撃なセリフが、太宰治(小栗旬)が富栄(二階堂ふみ)にキスを迫り、拒否されている中で言い放ったこのセリフです。
「ダメ? 何が? 大丈夫。君は僕が好きだよ」です。
普通こんなセリフ言えますか?拒否している相手に対し、「大丈夫。君は僕が好きだよ」なんてセリフ、頭がイカレてますよね。
しかし同時に、羨ましくもあります。一度でも、狙った女に無理矢理キスを迫り、拒まれたとしても、大丈夫。君は僕が好きだよ。なんてセリフ言って見たいですね。
普通なら、君は僕が好きだよ。ではなく、僕は君が好きだよ。これが普通ですよね。逆です。これを太宰治語録とでも言いますか、映画の内容はちろんのこと、普通では考えられないような太宰治のヤバすぎるセリフにも注目して映画を見ると良いですね。

まとめ

いかがでしたか?

 

映画「人間失格」は非常に楽しみな映画ですね。今回口コミは評判を調べて見ましたが、かなり評判は良かったです。

 

これから見ようと思っている人も、あんまり内容は知らないけど、一度みてみようかなと思っている人も、見て損はない映画だと思います。特に男性の皆さんは、モテ男になるためにも、太宰治が何故こんなにもモテるのか?という部分にも注目してみて下さいね。

 

ということで、私は明日見に行こうかと思っております。太宰治語録を学んで、彼女をゲットしようと思います….(笑)

スポンサーリンク




スポンサーリンク



おすすめの記事