上田美江子(美容師)wiki風プロフィール!盆栽へアや経歴に家族を調査!

皆さん、ヘアマイクアップアーティスト(美容師)の上田美江子さんをごぞんじですか?あさイチに出演し、盆栽ヘアなるものを紹介していました。それが本当に凄くて見ていた人の多くが魅了されたはずです。

 

そこでこの記事では、上田美江子さんのwiki風プロフィールや盆栽ヘアについて。経歴や家族構成に関して紹介したいこうと思います。

Bさん
上田美江子さんの盆栽ヘアが圧倒的過ぎて朝から見とれてしまいました。本当にアートすぎますね。感動的です。

スポンサーリンク




上田美江子wiki風プロフィール

上田美江子さんですが、神奈川県の厚木市出身です。高校は厚木高等学校に通っており、卒業後に資生堂美容専門学校に入学しています。

 

資生堂美容専門学校は美容師としてはもちろん、他の美容学校よりもメイクにも力をいれており、本当に美を追求した専門学校ですね。

 

おそらく、上田美江子さんが通っていた頃は1年制だったように思います。

 

そんな中腕を磨き、1979年に株式会社資生堂に入社します。資生堂でも活躍が認められ、36年間務めていたそうです。

 

本当に美に捧げてきた人生ですね。だからこそ、あんなにも独創的で素晴らしい作品ができるのだと思います。

スポンサーリンク




上田美江子の盆栽ヘアって何?

上田美江子さんがあさイチで紹介していた盆栽ヘアがこちらです。

まさに圧倒的ですね。髪を盆栽に見たてるなんて発想、普通はなかかな思いつきません。地毛を土台にし、その上を華やかにし、本当に盆栽のようです。

 

これを見て、同じようにできる美容師さんやヘアメイクアップアーティストの人はいるのでしょうか?

 

もう間もなく成人式の季節になりますが、もしこの髪型にしてほしいと写真を持ってこられたら、正直絶句するでしょうね。

 

よく、ヘアスタイルの髪飾りで生花を使う人はいますが、これは別格すぎて….。しかし、このヘアスタイルで成人式に出席したら目立ちますし、他のこからも絶対に忘れられないでしょうね。

 

2020年の成人式で、もしかしたら一人、二人くらいはいるかもしれませんね。是非、皆さん真似してみて下さいね。

上田美江子さんの経歴は?

上田美江子さんは資生堂美容学校を卒業後、株式会社資生堂に入社し、36年勤務しました。そのなかで

  • 雑誌や広告の撮影
  • テレビ出演
  • 国内外でヘアーショー
  • セミナー講師

など、様々な活躍をされています。

有名なのが、ヘアマイクで若返りができるという「タイムレスビューティー」です。メイクで女性は変わると言いますが、正しくメイクをすることで、何歳も若く見せることが可能です。

 

逆に、自分にあっていないメイクや、変なメイクをしてしまえば、老けて見えることもありますね。

 

上田美江子さんですが、資生堂を退社後、2014年4月から自身の会社である「株式会社エムユーMieko UMieko Ueda STADIOを設立しました。

 

資生堂を退社後も、変わらず勢力的に活動しています。オペラやダンスに写真展など、まさにセンスの塊ですね。

 

ちなみに芸能人も担当していたそうで、あの天海祐希さんや中谷美紀さんなど仕事をしていたそうです。お二人とも年齢をかさねても美しい謎がわかった気がしますね。

 

メイク本なども販売されており、美容師さんやヘアメイクアップアーティストの方には是非見てほしい作品ですね。かなり勉強になると思います。

上田美江子さんは結婚しているの?家族構成は?

上田美江子さんは男性に負けないよう、仕事を誠心誠意頑張り、全てを注いでいたようです。

 

がしかし、ちゃんと結婚もし、子供もいるようです。子供が産まれる前は仕事が全てでしたが、子供が産まれてから考えが変わったようです。

 

男も女も関係なく、助け合いが必要だとおもうようになったようで、旦那様も積極的に子育てをしてくれたみたいです。

 

これだけ上田美江子さんが仕事をでき、功績を残せるのも、旦那様の協力と、子供への愛情があったからかもしれませんね。これだけ女性として頑張っている人がいるとおもうと、本当に尊敬できます。

 

ちなみに上田美江子さんは、すでにお孫さんもいるようですよ。ビックリですね。こんな素敵なおばあちゃんかっこよすぎます。

上田美江子まとめ

いかがでしたか?

 

上田美江子さんですが、本当に素敵で尊敬できる女性でしたね。盆栽ヘアという、だれも作ったことの内容な独創的なヘアスタイルや、若返りメイクなど、何歳になっても追求し続ける姿が本当に素敵でした。

 

これからも私たちに、想像もできないような素敵なヘアスタイルを届けてほしいですね。これからも応援しています。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



おすすめの記事